2018.12.15

仕事とプライベートのどちらを充実させたいか。

看護師の間では病院勤務に人気がありますが、しばしばワークライフバランスが問題視されています。
残業の多さや夜勤の存在が、プライベートの時間を圧迫してしまうことにつながりやすいからです。やりがいがある業務が多い現場なので、仕事重視で働きたいという人には好まれています。しかし、結婚や出産などを契機にプライベートを重視したいと考えるようになった看護師にとっては大変になる傾向が強く、転職してワークライフバランスを大切にできる働き方を探すことも少なくありません。
その例として、無床のクリニックに転職する例があります。
クリニックは病院勤務をしてきた看護師が転職先として選ぶことが多く、経験を生かして働けるのが魅力です。仕事の種類はそれほど多くないものの、看護師の人数が少ない現場が多いことから柔軟な対応力と判断力が求められます。
一方、ワークライフバランスを考えたときには、勤務条件が病院に比べると厳しくないのが一般的です。休診日が決まっていて完全週休2日制になっているクリニックが多く、勤務時間も診療時間に準じたものになって安定しています。無床のクリニックでは夜勤もないので、働きやすい現場としてよく選ばれているのが現状です。
有床のクリニックで働いている場合もありますが、それでも病院に比べて残業や夜勤の頻度が低く、プライベートの時間を確保しやすい傾向があります。日勤のみの待遇で働ける場合もあるため、夜勤が原因でワークライフバランスに悩んできた人から特に人気です。

2018年12月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

  • カテゴリーなし